性能向上リフォームのポイント ~解体時の立会い~

2016年10月06日

おはようございます。昨日の夕方、近畿地方は凄い風に見舞われまして、傘が折れるほどの状態でした。私はそんな状況になれていないのでビックリしたのですが、台風がよく接近する沖縄や九州地方の方は、日々大変な思いをされておられるのでしょうね。雨風をしのぐしっかりとした住宅を手掛ける建築会社の責任の重さを感じました。

 

今日は昨日に引き続き、『解体時における性能向上リフォームのポイント』についてお話ししていきます。

 

解体工事は解体作業員ばかりでなく、大工さんにも立ち会っていただき、他にも『○○さんが立ち会って下さることで、更なる特典があります』とお伝えしておりました。その○○さんの正体とは・・・

 

 

実は『設計士』さんです。設計士が解体時に立ち会っていただけることで、躯体で残すべきところ、補修が必要なところを構造上から正しく判断して下さるので、『性能向上』面でも『安心』面でも強い味方となって下さることは間違いないです。

 

写真や口頭だけでは伝わらない部分でもありますし、現場初日に関わる全ての方に立ち会ってもらうことは、円滑に現場作業を進めていく上においても、とても重要なことだと私たちは考えております。

 

何も言わずとも、現場監督が大工さん、設計士さんを呼んでいただけるケースがほとんどだと思いますが、確認の為にも着手前に聞いてみられることをお奨めいたします。

 

明日は『床下の劣化部分への対応』についてお話ししていきますので、今日も明るく笑顔で頑張っていきましょう!

 

【木材・建築のことなら・・・】
~創業 昭和27年 大阪市西地域と生駒市において、まちと木材と共に歩む~
大和木材株式会社     建設工事業 大阪府知事許可 (般ー23)第126857号
【不動産のことなら・・・】
~創業 昭和52年 大阪市西地域と生駒市において、地域の笑顔を増やす~ 株式会社 大 三(だいさん)       大阪府知事免許(11) 第19536号
【企業リンク ご紹介】
大阪府箕面市の不動産情報なら株式会社 MIKIホームまでお問合せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ