健康・快適・省エネリフォーム 〜空き家活用と民泊〜

2016年02月27日

おはようございます。今週も週末を迎えましたね〜。かなり充実した1週間となりました。

 

今日は「空き家活用と民泊」についてお話ししていきます。

 

空き家は約820万戸存在し、空き家率は13.5%に達しております。計算上は7戸に1戸が空き家となり、それでもなお、新築住宅が建築されている状況が続いております。

 

新築は建売住宅だけでなく建替も含まれますので、ゼロになることはないとしても、既存住宅をどう有効活用していくか?は、この空き家率も考慮して直近に考えるべき課題ともいえます。

 

私の場合に置き換えても、今の住居を誰に相続するのか?を何十年後に検討する時期がやってきます。所有する責任を全うしなければなりません。

 

空き家は賃貸、売却という手段だけではなく、2016年4月からは『民泊物件』という活用方法も出てきます。

 

アエビーアンドビー

 

私達の常識を覆す民泊が解禁されるので、賃貸マンションを所有しているオーナーだけではなく、海外旅行する際にも利用出来そうですよね。(その前に英語を話せるようになるべきですが・・・)

 

既存住宅があらゆる形で活用されるのは、とても興味深いものがありますので、この流れに着目していただきたいです。

 

 

【木材・建築のことなら・・・】
~創業 昭和27年 大阪市西地域と生駒市において、まちと木材と共に歩む~
大和木材株式会社     建設工事業 大阪府知事許可 (般ー23)第126857号
大和木材HP: http://www.yamatomokuzai.com
【不動産のことなら・・・】
~創業 昭和52年 大阪市西地域と生駒市において、地域の笑顔を増やす~
株式会社 大 三(だいさん)    大阪府知事免許(11) 第19536号
物件検索はこちらから: http://www.dai-san.info
※本文は、私が愛読している新建新聞社発行「2016年度版 住宅産業大予測」を参考図書とし、所見をまじえながらお話ししております。政策等は概要までに留めておりますので、補助金の活用等を検討される場合は、弊社まで直接ご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ