大阪市港区 社会福祉法人 波除福祉会 波除学園 多目的室 床材改装工事

2015年02月02日

大阪市港区波除にあります保育園「波除学園」の1階にある多目的室に、大阪で育った木材を使い、素足で遊べる保育室へリフォームさせていただきました。

 

きっかけは平成25年、大阪府環境農林水産部 みどり推進課の企画で、子ども達の健やかな成長を育むとともに、「木」の持つ素晴らしさを広くPRするため、民間保育所の内装木質化に対する補助事業を行う目的で「一室一園木のぬくもり推進モデル事業」の募集があり、当社からご案内をさせていただき、港区にて3つの保育所を運営されておられます「社会福祉法人 波除福祉会」様が応募を検討してくださいました。

 

1ケ月間の募集の間、何度か保育園に足を運ばせていただきましたが、子どもたちが無邪気に走り回る姿を見て、何か子どもたちに木材店として出来ることがないかと常日頃考えていた私にとって、この企画は素晴らしい機会となりました。採択の結果、事業計画を認可していただけたのです。

<波除学園 多目的室 外観・施工前写真>

波除学園 子育て支援室 外観写真(H25.7.4) 003

弁天町駅から徒歩7~8分の場所にあり、多くの子ども達で賑わっております。

波除学園 子育て支援室 施工前写真(H25.6.19) 002

施工前の写真ですが、床材には合板下地のフローリングが使われていて、とてもひんやりした感じです。見た目には温かそうにみえるのですが、無垢材と合板基材では全てが違います。

波除学園 子育て支援室 施工前写真(H25.6.19) 004

窓が数多くあって、日光が良く入り、気持ちがいいです。保育園児だけでなく、月に一度は地域にも開放する機会があるそうです。

波除学園 子育て支援室 施工前写真(H25.6.19) 007   波除学園 子育て支援室 施工前写真(H25.6.19) 011

工期が10月の連休を使っての3日間で仕上げるお約束でしたので、当社倉庫で事前に植物性のクリアー塗料で腰壁に使う材料を塗装いたしました。干せる場所もありますので、木も喜んでおりました。

IMG_4003

 <施工中 写真>

IMG_4022

既存の床材を下地にして、上からおおさか材である杉材を貼っていきます。節目がとてもきれいで、子ども達が喜んでいるくれると信じ、突貫で頑張りました~

IMG_4031  IMG_4035

3日目には仕上のクリアー塗装です。専用ブラシで端から丁寧に塗り上げました。杉の床材がきれいなアメ色になって、とてもきれいです。

IMG_4048

 <完成後 写真>

IMG_4078

玄関の腰壁です。きれいに仕上がりました!部屋に入った瞬間、杉の香りがしてとても癒されます!以前より段差はついたものの、同じ素材の木製スロープを付けることで、園児がつまづかないように配慮いたしました。

IMG_4063

窓からさす光が明るく床材を照らしています。以前とは見違える部屋になり、腰壁部の赤味・白味の木肌にもこだわりました。

IMG_4058

お客様のご協力と、施工協力会社様のお蔭さまで無事にお引渡しが出来ました!

IMG_4085

 

施工後、園児が授業で活動中の様子をドア越しに見させていただきました。「木」のチカラで多目的室が自然と落ち着く場所にかわったことで、子ども達の笑顔があふれていて、とてもまぶしい光景でした。

以前からすすめている「木育」授業を実施することで、子ども達が木に関心を持ってくれて、自然と国産材を使うことを意識してもらえたら嬉しいです。(2013年10月14日 竣工)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ