阪神高速道路

2009年10月21日

20091021043607

昨日に引き続き、高速道路の話題で恐縮ですが、迂回をせずに隣接している大通りを走ってみたら、意外と空いていてびっくりしました。
「いつもと何かが違う・・・」
と思ったら、信号の流れが全く違いました。この大通りは流れが悪いイメージが強かったのですが、昨日は全く止まることなく、スッと高架道路を走る事が出来たのです・・・


ちゃんと阪神高速も考えておられるのですね。とても走りやすかったので、朝から感動していたのですが、ご縁があって夕方に阪神高速の社員さんとお話が出来る機会もいただきました。
「環境にやさしい交通をすすめるプロジェクト みなと」
という会合に参加させていただいたのです。そこには、エコに関心の強い地元企業様と国土交通省・大阪市・港区役所・大阪大学等、事業所+市民+行政が三位一体で、環境にやさしい交通を進めていこうという内容です。
来場されていたのは、地元でも有名な大手企業さんばかりだったので、一人で自粛しておりましたが、最後の意見交換会では、話が回ってきたので、言うべき事はきっちりお伝え出来たと思っています。
環境に配慮した交通では、色々な手段があると思います。マイカー通勤を自粛したり、徒歩・自転車を活用したりと様々ですが、やはり市民の皆様が意識する事から全ては始まると思います。
関心の高い企業様のお話を頂戴出来て
「やるべき事、出来る事はあるなぁ・・・」
と感じ取ることが出来た会合でした。その阪神高速の代表者の方が
「この度はご迷惑をおかけしてすいません。17000人のスタッフを動員し、走りやすい道路に変えるべく、日々頑張っておりますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます」
と言われておりました。皆様、あと5日間、ご協力願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ