語録

2010年06月23日



いつもなら、水曜日に参加しているセミナーですが、今週は訳あって昨日参加する事になりました。
このセミナーは大阪では火曜日と水曜日、神戸と京都、東京でも開催され、全10講の内同じ講であれば、どの場所でも参加してよいという決まりになっております。何か用事があって参加できないという事になっても、違う曜日で受ければ同じ内容を受けられるという仕組みです。
もちろん、時期がずれたとしても、講義を受けていなければ参加する権利があるのです。素晴らしいシステムだなぁと思いますし、顧客目線の発想ですよね。
とはいっても、いつもとメンバーが違うので少し違和感を感じましたが、他の人の話を聞いている中でとても参考になる話がありました。
ある男性が、長野県へ講演を聞きに行った帰りに寝過して違う駅へ降り立ったそうです。切符も無くしてしまい、駅員に事情を説明しても、
「切符を買い直してください」の一点張り。その方も急がれていたそうで、苛立ちながらお願いされたそうですが、結局言う事は聞いてもらえなかったそうです。
でも、その時の講演が「自らが源泉」という内容だったそうです。
自身が寝過したのに、何故駅員さんに強く当たったのだろう・・・すぐにその方は反省し、駅員さんに謝られたそうです。
思っていたとしても、なかなか行動に移す事は出来ません。悪いなぁと思っていても、素直に謝る事って難しいことかもしれません。それを実行できるその方は、本当に素晴らしい方なんだと尊敬の眼差しで見てしまいました。
自身が発表する事よりも、人の話を聞いている方が楽しく感じるものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ