新しい家づくりの考え方 ~高性能住宅のコスト~

2016年12月01日

おはようございます。今日から師走に突入しましたね~寒さも今朝はマシなので、冬シーズン到来とは思いにくいのですが、カレンダーもあと1枚になりましたので、良い年の終わり方が出来るよう、この1か月を愉しみたいと思います。

 

今日は『高性能住宅のコストアップはいかほど?』についてお話ししていきます。

 

日本の住宅の寿命は25~30年と言われ続けてきました。携帯電話は2年、車は7~10年で買い替える方も多いかとは思いますが、住宅の寿命がわかっていたとしても、簡単に買い替えることが出来るのでしょうか?

 

住宅ローンをようやく払い終えた時に、大掛かりなリフォーム工事に着手しないと、家自体の寿命が持たないのでは困りませんか?やはり、最初から高性能な住宅の仕様にして、ずっと住み続けてきた間のランニングコストを含めたトータルのコストを考えられるような認識が必要だと思います。

 

一般的な住宅では、高性能化に伴う費用は140万円アップと言われています。その内訳ですが、

 

断熱性能の向上⇒20万アップ

気密強化⇒30万アップ

樹脂窓⇒40万アップ

熱交換換気システム⇒40万アップ

その他部材⇒10万アップ

 

となるのですが、光熱費のコストダウンを考えますと、長く使えば使う程、そのアップ費用は償却され、長寿命な住宅を維持できるわけですから、存在価値のある資産が確保されることになります。

 

目の前のコストにとらわれることなく、長期的な視点でご提案する必要が私達にもありますし、これから建築を計画される方においては、その視野を持っておかれることをお奨めいたします。

 

今日も元気よく頑張りましょう!!

 

※参考文献 新建新聞社 「新しい家づくりの教科書」より 内容を抜粋しながら、自身の意見を取り入れております
【木材・建築のことなら・・・】
~創業 昭和27年 大阪市西地域と生駒市において、まちと木材と共に歩む~
大和木材株式会社     建設工事業 大阪府知事許可 (般ー23)第126857号
【不動産のことなら・・・】
~創業 昭和52年 大阪市西地域と生駒市において、地域の笑顔を増やす~ 株式会社 大 三(だいさん)       大阪府知事免許(11) 第19536号
【企業リンク ご紹介】
大阪府箕面市の不動産情報なら株式会社 MIKIホームまでお問合せください!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ