新しい家づくりの考え方 ~日本の窓が変わる~

2016年12月09日

おはようございます。今週はアッという間に週末を迎えたような感覚です。師走ということもあるのでしょうか?道路も全ての時間において混雑気味ですので、時間には余裕を持って活動していきたいです。

 

今日は窓の話の締めくくりとして、『日本の窓が変わる』をテーマにお話ししていきます。

 

2020年といえば『東京オリンピック・パラリンピック』を連想される方が多いかと思いますが、すべての新築住宅で『省エネ基準』が義務化される予定です。これにより、2020年以降は省エネ基準を満たさないと住宅を建築することができなくなる方向です。

 

ただ、日本の住宅はドイツをはじめアメリカや中国と比較しても、基準となる断熱性能が低いレベルなので、義務化のレベルでは『高性能なエコハウス』とは言え難い状況です。

 

窓は新築住宅を建築する際、外壁を仕上げる前に取り付ける為、後から取換が困難な部材だと言われています。資産価値のある住宅を取得したいと思われるのであれば、断熱を含め、建物自体の性能を向上させることに意識していただきたいです。

 

日本もようやく資産価値のある高性能な住宅が増えていく時代となりました。それには『窓』が果たす役割が大きいものであり、今後益々メーカー様の開発によって、高性能な窓が発売されることを期待しております。リフォームでも簡単に窓を変えられるようになるといいですね。

 

明日、明後日は週末でお休みをいただきますので、ブログ更新も12日月曜日の更新となります。来週からは『良い家は健康をつくる』をテーマにお話ししていきますので、お付き合いの程よろしくお願いいたします。

 

皆さんにとって良い週末になりますように!

 

※参考文献 新建新聞社 「新しい家づくりの教科書」より 内容を抜粋しながら、自身の意見を取り入れております
【木材・建築のことなら・・・】
~創業 昭和27年 大阪市西地域と生駒市において、まちと木材と共に歩む~
大和木材株式会社     建設工事業 大阪府知事許可 (般ー23)第126857号
【不動産のことなら・・・】
~創業 昭和52年 大阪市西地域と生駒市において、地域の笑顔を増やす~ 株式会社 大 三(だいさん)       大阪府知事免許(11) 第19536号
【企業リンク ご紹介】
大阪府箕面市の不動産情報なら株式会社 MIKIホームまでお問合せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ