凡事徹底

2007年09月27日

私が陰ながら興味を抱いているイエローハット 鍵山秀三郎先生の本で、「凡事徹底」という本があるそうです。ある方から紹介していただいたので、これから購入して読もうと思っているのですが、この言葉が私の心に稲妻が走ったような感覚を覚えました。

まだ読んでいないので、なんとも言いがたいのですが、字の並びを見ると、「日常の中で平凡だと思うことを日々感謝して継続して実施していく事」の様な気がしています。とにかく読むのが楽しみです。

私も気付けば34歳になって、人生を振り返ってみると、沢山の人に支えられて生かせてもらったなぁという感覚があります。私が回りに与える影響は特になかったのかもしれません。

でもこれからは、そんな人達の為にもしっかり自立して、社会に貢献できる人格を形成する必要があると思います。いつまで経っても「若いから、仕方ないね?」は通用しませんしね。

この「凡事徹底」の生き方で、これから自分が社会の為に何をなすべきなのか、考えて行きます。この言葉を聴いて、自分の基礎となる部分が固まりました。

それを気付かせてくれたのは、その言葉だけではなく、水廻りメーカー ノーリツの営業担当者I様です。私の可能性、私がどうあるべきで、今の現状も教えてくださって、当社の可能性を見て営業をしてくださっているのが言葉使い、態度で凄く伝わってきます。本当に感謝していますし、Iさんとの人間関係をほかの方でも沢山築けるように努めていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ