ホームインスペクションの必要性 〜診断前に知っておきたいこと〜

2016年07月22日

おはようございます。昨日は夕方に夏休みイベントの打ち合わせに行ってきました。凄い会場で木育の授業を開催できる運びとなりましたので、詳細は改めてご報告させていただきます。

 

今日は「診断前に知っておきたいこと」のまとめについてお話ししていきます。

 

ホームインスペクションは調査に関して制約があります。自己所有の自宅の調査とは異なり、「既存住宅を購入する際に知っておくべき住宅の状態」を調査するわけですし、出来ることも調査時間も限られます。

 

ただ、そんな中でも依頼者の方を納得させる情報を提供しなければ、購入の判断資料にはつながりませんので、単なる診断・報告ではなく、総合的な判断の一助となる情報提供が求められます。

 

まずは、この既存住宅をなぜ購入したいのか?不安箇所やリフォームの計画など、具体的なご要望をしっかりとお伺いした上で、構造・内装仕上げ・設備などを総合的に診断し、お客様が求める答えの助言になれるよう、努めるのがホームインスペクターの役割だと言えると思います。

 

今年も11月13日に資格試験がありますので、早く取得してお客様のご要望に応えられるよう、努めていきたいです!

 

今週もお付き合いいただき、ありがとうございました。次の更新は7月25日月曜日となります。暑い中ですが、皆様良い週末をお過ごしくださいませ〜

 

【木材・建築のことなら・・・】
~創業 昭和27年 大阪市西地域と生駒市において、まちと木材と共に歩む~
大和木材株式会社     建設工事業 大阪府知事許可 (般ー23)第126857号
【不動産のことなら・・・】
~創業 昭和52年 大阪市西地域と生駒市において、地域の笑顔を増やす~ 株式会社 大 三(だいさん)       大阪府知事免許(11) 第19536号
【企業リンク ご紹介】
大阪府箕面市の不動産情報なら株式会社 MIKIホームまでお問合せください!
※参考文献  NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会  「公認ホームインスペクター 資格試験テキスト」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページのTOPへ